So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

<シー・シェパード>抗議船、油流し南極海を漂流(毎日新聞)

 水産庁は8日、日本の調査船と衝突して大破した反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)の抗議船「アディ・ギル(AG)号」が南極海で漂流し、油のようなものが流出していると発表した。SSは7日、AG号が沈没したとウェブサイトで発表したが、水産庁は「えい航作業を目視で確認したが沈没はしていない」と否定している。

 水産庁によると、AG号は6日、SSの監視業務にあたっていた調査船「第2昭南丸」と衝突。その後、SSの別の抗議船がAG号をえい航して南極大陸に向かっていた。しかしロープが切れたため、えい航していた抗議船はしばらくしてAG号を放置して去っていったという。

【関連ニュース】
調査捕鯨:シー・シェパード抗議船が日本船に衝突、大破
調査捕鯨:シー・シェパードが「日新丸」を妨害
反捕鯨団体:弱酸性の液体投げ妨害 南極海
シー・シェパード:ロープ投げつけなど妨害 捕鯨調査船を
シーシェパード:反捕鯨船衝突でNZ政府に抗議…官房長官

カメラマンの鉄則
IT系≦NG系
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
ショッピング枠現金化

二重被爆の山口彊氏死去=非核訴え、国内外で活動(時事通信)

 広島、長崎で被爆し、「二重被爆者」と公式認定され、核兵器の脅威と廃絶を訴えた山口彊(やまぐち・つとむ)氏が4日午前5時38分、胃がんのため長崎市内の病院で亡くなった。93歳だった。長崎市出身。葬儀は近親者で済ませた。
 三菱重工業長崎造船所に勤めていた1945年8月6日、出張先の広島で被爆。大やけどを負い、長崎に列車で戻ってきたところ、9日に再び被爆した。
 2005年に被爆者だった長男をがんで亡くしたのを機に被爆体験の継承に積極的に取り組み、06年8月に米ニューヨーク国連本部での記録映画「二重被爆」上映会に出席。核兵器廃絶を広く訴えた。
 中、高校生らへの語り部活動のほか、国内だけでなく海外のメディアの取材も受け入れた。著書に「生かされている命 広島・長崎『二重被爆者』、90歳からの証言」(講談社刊)などがある。
 09年に被爆者健康手帳に長崎での被爆に加え、広島での被爆体験も記載され、行政が公式に「二重被爆」と認定した。同年から体調を崩し、入退院を繰り返していたが、容体が悪化した。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
救済法の成立後、初の終結=原爆症、原告側が控訴取り下げ
「被爆天主堂」写真集刊行へ=70点収録
涌井最高裁判事が死去
「平和」「希望」のメッセージ世界へ=広島で短編映画祭

v6jv9g99のブログ
大航海時代幕開け
クレジットカード現金化 即日
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。